藤山森(しん)のwiki風プロフィール!ホンジュラスに村を作った日本人の経歴や理由、結婚してる?

2018年7月9日(月) 21時00分~放送の「世界ナゼそこに日本人

国民栄誉賞級!?世界で感謝されるスゴい日本人2HSP」に

藤山しんさんが出演されます。どんな人か気になったので

色々調べてみました!

スポンサードリンク

藤山森さんのwiki風プロフィール

11856698_1620463911553641_1241172493_n.jpg

出典:旅丸

名前:藤山森(ふじやま しん)

生年月日:1984年(34歳)

出身:神奈川県相模原市(国籍はアメリカ、日系アメリカ人)

所属:Student Helping Honduras(SHH)代表

特技:トリリンガル(英語、スペイン語、日本語)

藤山さんは日本で生まれ、2歳からアメリカ・バージニア州で育ちました。

高校時代は同級生からアジア人であることを理由にいじめられましたが、

正義感の強いクラスメイトに助けてもらい、この時に自分も誰かを助けたいと

いう気持ちが芽生えたそうです。

藤山さんは英語とスペイン語が話せるトリリンガルです。

アメリカで高校を卒業した後ブラジルへサッカー留学したそうなので

この時マスターしたのでしょう。

2002年バージニア州の大学に進学しハイチに留学する予定でしたが、政変により

留学できなくなったため、大学側が急きょ用意した、ホンジュラスの孤児院での

ボランティアプログラムに参加することになりました。

ホンジュラスの孤児たちの現状を知った藤山さんは、帰国後に昼夜問わず

アルバイトをしたり、地道な募金活動などにより、わずか3年で3000万を集め、

2006年にソレアダ村と孤児院を完成させました。

藤山さんが代表を務めるSHHは、ホンジュラスの貧困層の子ども達へ救済活動を

行っている国際NGOで、現在藤山さんはホンジュラス在住です。

ホンジュラス共和国

中南米諸国の中でも屈指の貧困国であり、マラスという犯罪組織による

麻薬密売や殺人事件の頻発している世界でも上位の治安の悪い国

街ではストリートチルドレンが路上生活を余儀なくされている

藤山さんのホンジュラスで学校を作ろうと思った理由は?

スラム街に暮らすオレンジ売りの少女カルメンちゃんからの手紙がきっかけでした。

カルメンちゃんに会う度にオレンジを買っていた縁から、カルメンちゃんから

「友達とみんなで安全な家に住みたい、それが私の夢」と書かれた手紙をもらった

藤山さんは最初は自分には無理だと思いました。

しかし、かつて人種差別でいじめられた過去やクラスメイトに助けてもらった経験

それ故に助けを求めている人がいたら助けようと思っていたのに男性らに暴行

されている女性を前に何もできなかったかつての自分と苦い思い出がよみがえり、

もう後悔したくない、やらずに後悔するならやってから、と決心しました。

そこからしんさんの活動は始まりました。昼夜を問わずに働きながら、大学の仲間や

町の人からの街頭募金など、5年で10大学以上に支部を持つNPOとなったSHHを

立ち上げました。メリーワシントン大学と地元の協力で15万ドルの寄付を集め、

上下水道の整備や電気設備を敷設し、さらには五十戸以上もの家屋や学校の校舎を

建設して一つの村を作りあげました。

現在も資金集めを続けながら、様々な村で学校づくりを進めています。

目標は1000校の学校を建てること

というのも、きちんとした教育こそがホンジュラスの貧困や犯罪を解決できると

信じているからだそうです。

藤山さんは結婚している?家族は?

調べましたが、現在独身のようです。以前にも同番組の取材を受けているので

もしかしたらその後ということでプライベートにも取材が及ぶかもしれませんね。

藤山さんは男2人女2人の4人兄弟なのですが、次女のこすもさんもホンジュラス在住で

色々な大学で講演やイベントを開催して輪を広げているそう。

弟の我空さんはSHHの支部長を務めているそうです。

なかなかスケールの大きな兄弟ですよね。

そんな兄弟を育てたお母さんのあおいさんはくもんの先生だそうですよ

藤山しん まとめ

大学の時のボランティアがきっかけでホンジュラスの孤児を救う活動に目覚めた

募金活動などを通して、村づくり・学校づくりも現在も続けている

2015年9月21日にも同番組で取材をうけています。

それから約3年、学校作りはどうなったのか気になりますね。

志の高い藤山さんをこれからも応援したいですね。

こちらのサイトから募金もできるようですので、よろしければどうぞ!