一力遼さんのスランプとは?井山九段のライバルの戦績や年収・経歴まとめ

国民栄誉賞を受賞した井山九段に挑戦し続ける、現役大学生棋士一力遼さん

どんな人なのか気になったので調べてまとめてみました。

皆さんも一緒に確認していきましょう!

一力遼さんの経歴と年収

名前:一力遼

生年月日:1997年6月10日(20歳)

出身:宮城県

所属:日本棋院東京本院

一力さんは5歳の時に父から囲碁を教わったのをきっかけに囲碁の腕を磨き、2010年13歳で

プロデビューします。記憶力がとても優れていて、棋聖戦、王座戦、天元戦の最年少挑戦記録

など、数多くの最年少記録を持っています

プロの囲碁棋士として活躍しつつも、将来は家業の河北新報社を継ぐために早稲田大学

入学し、学業と両立しています。

一力さんの年収はどれくらいでしょうか?

2017年の賞金ランキングでは国民栄誉賞を受賞した井山裕太九段に継ぐ2位で

あり、その額は2500万以上ともいわれています。実家は東北地方で新聞社や放送局を経営して

いる名家ですし、経済面では何も不安がないはず。。。

でも将来必ず家業に専念しなければならないという状況があるならば、今のうちにできる

限り強くなって、悔いなく棋士人生を終えたいと思っているのかもしれませんね。

一力遼さんの戦績とスランプの理由

棋士であれば必ず陥るといわれるスランプ期、現在一力さんは真っ只中にいるようです。

数々の最年少記録をもっているものの、ここ数年はライバルの井山さんを意識するほど、

勝負所で実力を発揮できないようです。

昨年の王座戦・天元戦・棋聖戦から数えると井山さんに10連敗しています。

それでも、一力さんは「井山さんになるべく早く追いつきたい」と語ります。

井山九段は大の長考派として知られているので、早見え早打ちの天才肌といわれる

一力さんとは戦い方のスタイルが異なりますよね。

この壁のようにも思える井山九段に勝った時には今までとは異なる戦い方を身に

着けられているのではないでしょうか。10連敗は堪えますが、なんとか乗り越えて

新たな伝説を作ってほしいなぁと思います。

一力遼まとめ

  • 家業を次ぐために、プロ囲碁棋士と大学生活を両立している
  • 井山九段には去年から10連敗中だが、早く追いつきたいと語っている

2018年4月29日(日) 23時25分より情熱大陸に出演されます

是非とも見てスランプから抜けられるよう応援していきましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする