もりいくすおさんの忠臣蔵愛がすごい。wiki風プロフィール、本業はイラストレーターで声優も。 

2018年5月11日(金) 25時25分~『桃色つるべ』に忠臣蔵を愛してやまない

もりいくすおさんが出演されます!

もりいくすおさんと、その忠臣蔵愛のきっかけについて調べてみました。

スポンサードリンク

もりいくすおのwiki風プロフィール

本名:森井久寿生

生年月日:1965年11月23日

出身:東京都港区

血液型:AB型

職業:イラストレーター

所属:桑沢デザイン研究所非常勤講師

お父さんはデザイン会社の役員をしていて、物心ついたころから絵をかくのが好きだった

もりいさん、小学生の頃から雑誌にイラストを投稿しては掲載されていたりしたそうです。

漫画やテレビばかり見て勉強しなかったため、親には漫画を捨てられたり、しばしば

漫画禁止令をだされたそうですが、逆に描きたい情熱を掻き立てる結果になりました。

中高一貫の成城中高を卒業後、専門学校桑沢デザイン研究所に進学し、グラフィック

デザインを学びました。在学中に小学館からビッグコミックスピリッツ増刊号にてデビュー

卒業後すぐ、同級生だった立体造形作家の森井ユカさんと結婚されています。

その後もイラストレーターとして活動を続け、書籍、雑誌、テレビなどに絵を描いています

イラストレーターや漫画家の世界はなかなか厳しいと聞きますが、もりいさんは

小学校の頃から投稿を初めて掲載されて、専門学校在学中にあの小学館からデビューなど、

才能もありながら行動量が人より多かったのでしょうね。

もりいさんのイラストは調べてみると、あーなんかみたことある!というくらいなので

イラストレーターとしてデビューしてからも結構な仕事量をこなしていたと思われます。

やっぱり好きな事じゃないと、続かないですよね。

もりいくすおさんの忠臣蔵愛のきっかけ

2010年より赤穂観光大使をつとめているもりいさんは忠臣蔵文化愛好画家と名乗っています。

本人曰く、忠臣蔵にはまったターニングポイントは2005年麻布に仕事場を移したことでした。

2007年末に忠臣蔵のCS放送をみながら、混乱しないように登場人物のメモを見ながら

色々な忠臣蔵をみていくうちにすっかりはまってしまったそう。

息抜きに忠臣蔵の登場人物の役者絵を書いたりしているうちにますますはまり、

たまったメモと役者絵を元に2008年10月に個人的忠臣蔵ファンサイトくすやを公開しました

その後の歩みは

2009年10月ネットアニメ「まんが超忠臣蔵」を発表

2013年 「早わかり忠臣蔵絵本」リトルプレス出版

2015年 LINEスタンプ「忠臣蔵~47samurai~」発売

2016年 赤穂市立図書館にて個展「忠臣蔵イラスト展〜もりいくすおのおしごと披露〜」開催

など様々な場所で忠臣蔵愛を表現しています。

もりいくすおさんの声優業

本業はイラストレーターですが、なぜか2017年に「プリンセス・プリンシパル」という

アニメで声優デビューを果たしています。

これは、もりいさんがかつてラジオ番組で広川太一郎さん(宇宙戦艦ヤマトの古代進役)の

モノマネをやった際にそっくりだと評判になったのと、橘正紀監督がもりいさんのネット

アニメ「まんが超忠臣蔵」をみて直々にお願いして実現したからだそうです。

もりいくすおさん まとめ

忠臣蔵愛のきっかけは2005年、忠臣蔵サイト「くすや」は今年開設10周年

もりいくすおさんの広川さんのものまねは二代目といわれるほどよく似ている