野上優佳子さんのお弁当がすごい!経歴は?家族は?マツコも驚きのインスタ映えレシピ本も紹介

4月からお弁当作りが始まりましたが、彩りよく栄養も考えて作るのって難しいですよね。

そんな私が頼りにしているレシピ本の著者がいます。

お弁当を作り続けて30年以上の野上優香子さん、どうやらただの主婦ではないようで

気になったので経歴や著書について調べてみました。

野上優香子さんのプロフィール・経歴

名前:野上 優佳子(のがみ ゆかこ)

生年月日: 1972年(46歳)

出身地:青森県青森市

学歴:青森県立青森高校→東京学芸大学教育学部国際文化教育課程日本研究

東京学芸大学子ども未来研究所の教育支援フェロー

肩書きは主婦ですが、実は株式会社HORBAL(ホオバル)代表取締役でもあります。

料理家としてレシピ開発、コラム執筆、講演会を行う上にさらに料理教室企画運営

地域活性事業、食・教育・育児関連サービス構築コンサルティングやアプリ企画開発など

「次世代がワクワクする今日と明日をつくる」をテーマに活躍されています。

お子さんは3人いて、2018年時点で娘二人(24歳、22歳)息子1人(8歳)だそうです。

息子さんの年が離れているのは、再婚したご主人との間に生まれたからだそうですよ。

年齢から考えると野上さんは大学卒業後すぐにお子さんを出産されているので

会社勤めなどは長くされたことはなさそうです。

長年続けてきたお弁当作りが仕事になるなんて、最初は思わなかったんじゃないでしょうか

ちなみに最近では台湾で日本のお弁当文化に関する講演を行ったり、シンガポール国営

テレビの弁当特集に出演したりと海外でも活躍されているそうです。

お姉ちゃんたちが成人しているので面倒見てもらえるのでしょうけど、小学生の子どもを

持ちながら海外にも仕事でいけるって夢が広がりますよね!

野上優香子さんのレシピ本

『野上さんちの超ラクチン弁当』(学研プラス社)

『野上優佳子のお弁当おかずの方程式』

『お弁当づくりの地頭がよくなる お弁当のセカイ』(ワニブックス)

『夏弁』(主婦と生活社)

『悩まず作れる!おべんとうの手引き』『楽々かんたん1品弁当』(笠倉出版社)

『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)

『楽々かんたん1品弁当』

『がんばらない10分夜食レシピ』

『家飲みおつまみレシピ 』(楽LIFEシリーズ)

なんといってもラクがテーマなのが素敵ですよね!

お弁当の本以外にも出版されていますが、夜食だったりおつまみだったり

育ちざかりの子どもをもつお母さんならではという感じがしますし、

夜には旦那さんと家のみしたり、お客さんを呼んだり、と丁寧に家族との

生活を紡いできた軌跡が本になっているに違いありません。

野上優香子さん まとめ

キャラ弁は無理だけど茶色い弁当は嫌だなぁと思う主婦の皆さんにとって

綺麗で美味しいお弁当おかずのレシピを考案し続けている野上さんは救世主です。

毎日のお弁当作りが楽しみになるような野上さんの本を参考に私もお弁当作りに励みます!