コロナクラウンリロイ太郎(母親マサイ族)wiki風プロフィール!彼女はいる?身長年齢や学歴、父親について

2018年7月3日(火) 23時59分~放送の『うちのガヤがすみません』に

リロイ太郎さんが出演されるようです。

マサイ族の母譲りの驚異の身体能力を発揮されるようですが、

リロイ太郎さんがどんな人なのか気になったので調べてみました

スポンサードリンク

リロイ太郎のwiki風プロフィール

コロナクラウン リロイ太郎

出典:Twitter

本名:旦リロイ太郎

生年月日:1993年12月17日(24歳)

出身:ケニアナイロビ生まれ、神奈川県

身長/体重:177cm/80kg

血液型:AB型

学歴:東京大学教育学部付属中学高校→神田外語大学

趣味・特技:サッカー、料理、漫画、小説、歌、ダイエット知識、

コンビ名:コロナクラウン

所属:よしもとクリエイティブエージェンシー

リロイ太郎さんはトリリンガル(日本語・英語・スペイン語)で

TOEFLの試験では日本第2位のスコアを取ったこともあるそうです。

高校まで東大付属の中高一貫校に通っていたのですが、大学は

偏差値55の神田外大へ進学し、日本語教師としても活動中です。

リロイ太郎の両親について

リロイ太郎さんは父親が日本人、母親がケニア人(マサイ族)のハーフです。

「リロイ 太郎」の画像検索結果

出典:明治大学

父親の旦敬介氏は、東大卒のラテンアメリカ文学者・作家であり、スペイン語

・ポルトガル語・英語の翻訳家としても活動しています。

また明治大学国際日本学部教授でもあります。

母親とは内戦を避けて亡命した先のケニアで出会ったそうです。

母親はシティマサイ族という部族で服を着ているマサイ族でしたが、

両親が5歳で離婚し、父親に引き取られた為、その後は離れて暮らすことに。

リロイ太郎さんは20歳の時にとある番組企画で、ケニアにいる母親を訪ねた

ことがありますが、実は11年前に母親が病死していたことが判明しました。

しかも治療費がなく治療を受けられなかったことやリロイ太郎さんのことを

気にかけていたことを親戚から聞いてショックを隠し切れない様子でした。

リロイ太郎の新コンビ、相方について

リロイ太郎さんは元々中高の同級生である伊藤はやてとドラッパという

コンビを結成して活動していました。

出典:ナタリー

高3の時にハイスクールマンザイ2011で優勝し、NSC18期生として2013年に

プロデビューしました。お笑いコンテスト「わらちゃん!」で決勝進出するなど

高評価を得ていましたが、2016年2月29日をもって無期限活動休止を発表しました。

発表当時は、伊藤さんが会社員になり、リロイ太郎さんがピン芸人として活動し、

伊藤さんの復帰まで活動休止の予定だったようです。

出典:Twitter

2016年7月に萬代育矢と新コンビコロナクラウンを結成し、

活動の拠点を大阪から東京へ移しています。

リロイ太郎さんに彼女はいるの?

調べてみましたが、現在彼女がいるという情報はありませんでした。

Twitterでもお笑いライブの告知やサッカー観戦の様子などを

書いているばかり。。。なぜお笑い芸人を目指したのかわからない

ハイスペックなリロイ太郎さん、まだ若いですし、彼女よりも

まだまだお笑いを極めたい?のかもしれません。

ファンとの写真にも快く応じてくれる優しいリロイさんですから

きっと密かに想いを寄せている女性はいるんじゃないかなぁと勝手に予想します。