関根拓シェフのwiki風経歴!早稲田卒後フランスでデルスオーナーに!彼女や結婚、年収は?高校も 

趣味どきっ!にパリ在住の注目若手シェフ、関根拓さんが出演されます。

料理人としては異色の経歴や、関根さんのお店デルスについて

また彼女や結婚はしているのか?年収など気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

関根拓シェフのwiki風プロフィール

引用:CAMPANELLA

名前:関根拓(せきね たく)

生年月日:1980年(38歳)

出身:神奈川県

学歴:早稲田高等学院→早稲田大学政治経済学部

中学生の時は総理大臣を目指して勉強に打ち込んでいたそうですが

高校に入って語学に目覚め、高校時代にドイツ語、大学時代に

イタリア語を学年1位の成績を収めるレベルで習得しました。

イタリア語を習得するためにイタリアのシエナへ短期留学した際に

料理学校へ通った経験から今度は食の世界へのめりこみ、

料理人になることを決意しました。

ここで面白いのが卒業後すぐに料理学校に行かなかった点です。

英語とフランス語が同時に習得できるカナダのモントリオールへ

1年間語学留学したのでした。

帰国後はランチを食べ歩いては働かせてくれと頼み込む日々

何度断られても諦めずに続けた結果「プティバトー」の笹川シェフが

受け入れてくれました。結局半年間しか働けなかったものの熱意を

くみ取った笹川シェフに料理学校へ通うよう後押しされます。

学校を卒業後、アランデュカスのお店が東京でオープンする際の

スタッフを募集していると知り、面接をうけます。

そこで磨いた語学力が功を奏して料理経験ゼロにもかかわらず採用

その後も語学力をいかして、外国人の多い環境でとてつもない努力を重ね、

競争を潜り抜けて遅いスタートを取り戻すようにひたすら料理の技術の

習得に没頭する日々が続きました。

やっぱり突き抜ける人は集中力、突き詰める力を共通して持っていますね。

さらに関根シェフの場合は目標を達成するために何をすべきかを分解して

考えることができて、それを地道に達成する努力の天才なのでしょう。

修業時代は遅いスタートだった分経験値を埋める為にほとんど寝ずに

働いていたそうです。

フランス・パリでデルスのオーナーシェフに

「アラン・デュカス」や「エレン・ダローズ」「サチュルヌ」

「クラウン・バー数々の名店で修行を積んだ関根シェフが満を持して

2014年にパリ12区で開業します。

nihonjin-3select20170409004.jpg

引用:FASHIONSNAP.COM

なんだかオシャレなカフェみたいな店内ですよね。

フレンチの高級店を開いたのかと思いきや、実は違うんです。

Dersou
21 rue Saint Nicolas 75012 Paris
☎ +33.(0)9.81.01.12.73
夜 火曜~土曜19:30~23:00
昼 土曜、日曜12:00~15:30
月曜、日曜夜休
最寄駅Ledru-Rollin

このお店の特徴はなんといっても料理に合わせたカクテルを

提供するというペアリングコースメニュー、そして料理の

ジャンルの枠を超えた料理を提供するということ

ディナーのベースはフレンチでもそこにアジア料理の要素を取り入れたり

とにかく独創的!週末限定のブランチは手ごろな値段で丼物や

肉まんなども登場する「うまいもの屋さん」なんです

引用:the cuisine press

当時はまだ誰もしていないことでしたがオリジナリティを追求する

関根シェフの構想は大ヒット!

翌年2015年にはフランスで最も信頼されているレストランガイド

フーディングのベストレストランに選ばれました。

また毎年春にパリで開催される国際料理イベントである

オムニヴォールにて2000人以上の客の前でデモを行い、

ベストオープニング賞も獲得しています。

まさに世界中の食通が注目しているシェフの1人です。

デルスの味が日本でも楽しめる!?

パリまでいかないと食べられないのか、とがっかりするのはまだ早い

実はこんなものをみつけました。

引用:ごちクル

なんと関根シェフが来日監修したお弁当を宅配してくれるのです

宅配エリアは東京近郊と限られていますが、かなりの人気で

2018年1月末まで完売状態です。

税込2000円と手が届く値段なので一度試してみたいですよね!

関根拓シェフの彼女の続きが気になる場合は次のページへ