白石加代子(狂気の女優)の朗読がすごい!怪談(百物語)舞台(身毒丸)夫や子どもは?

狂気の個性派女優と言われる白石加代子さんが『サワコの朝』に出演されます。

役柄故に不気味で怖いというイメージがついている白石さんですが素顔は

全く違うようです。どんな方か気になったので、経歴や家族について、

出演作品について調べてまとめました。

スポンサードリンク

白石加代子さんのプロフィール

写真

出典:公式サイト

生年月日: 1941年12月9日 (76歳)

出身:東京都港区

身長/体重:158㎝/54㎏

血液型:AB型

所属:有限会社白石加代子事務所

白石さんのお父さんは逓信省(現総務省)の役人でした。5歳の時にお父さんが結核で

亡くなった為、その後の家計はとても苦しかったそうです。

小学生の頃から児童劇団の芝居を見たことがきっかけで舞台に興味をもっていた

白石さんですが、家計を支えるために高校卒業後は地元の港区役所に就職して

働いていました。弟さんが就職したので子どもの頃からの夢であった舞台女優に

なるべく区役所を辞め、1967年25歳で早稲田小劇場に入団しました。

遅いスタートでしたが、3年後には『劇的なるものをめぐってII』(演出:鈴木忠志)の

主演で狂気女優と称されて評判になり、看板女優として世界各国で公演を行いました。

元劇団仲間の夫と再会し結婚後、1989年48歳の時に退団して独立しました。

白石さんはとても真面目で責任感が強く、芯のある性格ですよね。

狂気とまで呼ばれるほど役作りを徹底できるのもその真面目さ故といえるでしょう

狂気女優の誕生のきっかけは金色夜叉

元々劇団員時代は周囲とうまくなじめず、疎外感を感じていたそう。

そんな時、『金色夜叉』のお宮を演じることに。

お宮は色々あって最終的に気が違ってしまう役どころ

白石さんはその狂気をどのように表現するかを考え抜き、狂気を体の歪みに

置き換えて表現するというところまで至ったそう。

しかも美しさや可憐さなど普通の女優さんなら手放すのに躊躇するような

イメージを迷いなく捨てて思いっきりやったそうです。

あまりの迫真の演技に圧倒された周囲はそれ以来白石さんを疎外することは

なくなったものの、役のイメージがついてしまってちょっと個性的な役ばかり

くるようになったそうです。

スポンサードリンク

白石加代子さんの家族(夫・子ども)

ご主人は深尾 誼(ふかお よしみ)さんという方で元々同じ劇団にいた方です。

現在はビルの管理会社を経営し、同時に白石加代子事務所の代表とマネージャー

やっておられます。写真を探したのですが、見つかりませんでした。

白石さんと深尾さんの出会いは劇団で、当時から仲は良かったそうですが

劇団内恋愛がご法度だった為、二人が恋愛関係になることはありませんでした

途中で深尾さんが退団することになった時、深尾さんは白石さんに「いつまでも

君の舞台を見続ける」といって去りました。

深尾さんはその約束を守り続け、10年の時が経った時に偶然再会

白石さんはその時40代半ば、女優としてのキャリアも積みプライベートにも余裕が

生まれていたのもあったのか再会して1年後、46歳の時に深尾さんと結婚しました。

結婚30年を超えた現在も、夫婦仲はとてもよく、深尾さんは白石さんの公演に

必ず同伴しているそうです。

2人の間に子どもはいないようですが、ネット上の噂では黒木華さんや蒼井優さんと

白石さんがあまりに似ているので親戚説が出回っているようですがまったくのデマの

ようですね。

白石加代子さんの出演作品

舞台、映画、ドラマなど非常に多くの作品に出演しておられるので一部抜粋

舞台

『百物語』シリーズ(鴨下信一演出)
『夏の夜の夢』(蜷川幸雄演出)
『身毒丸』(蜷川幸雄演出)

画像1

出典:映画.com

映画

『女囚さそり 第41雑居房』(伊藤俊也監督 1972年)
『悪魔の手毬唄』(市川崑監督 1977年)
『細雪』(市川崑監督 1983年)
『八つ墓村』(市川崑監督 1996年)

テレビ

大河ドラマ(NHK)義経(2005年) – お徳 役/花燃ゆ(2015年) – 国島 役
連続テレビ小説 / ひよっこ(2017年、NHK) – 立花富 役

特に1992年~2014年までかけて上演された『百物語』は白石さんのライフワークであり

2014年泉鏡花作『天守物語』をもって全話完了を達成されました。

出典:公式サイト

2018年5月よりアンコール公演が行われるようですので、気になる方は公式サイトを

チェックしてみてくださいね!

受賞歴

1979年 第1回観世寿夫記念法政大学能楽賞(ギリシャ悲劇公演)
1996年 第1回読売演劇大賞優秀女優賞(『百物語』)
1998年 第3回読売演劇大賞優秀女優賞(『身毒丸』撫子役)
2001年 芸術選奨文部科学大臣賞(『グリークス』「百物語」)
2001年 スポニチ文化芸術大賞優秀賞(『百物語』)
2005年 紫綬褒章(春の叙勲)
2012年 旭日小綬章
2012年 第33回松尾芸能賞優秀賞
2014年 菊池寛賞

白石加代子さんまとめ

家計を支える為、公務員として働いた後小劇団の女優からスタートした

狂気女優のきっかけとなった作品は金色夜叉

事務所代表・マネージャーの夫とはとても仲が良く、公私ともに支え合っている

狂気の演技のイメージが強いが、映画ドラマ舞台などジャンルを問わずに長く活躍する女優

2018年6月15日(土)7時半~サワコの朝ではどんな素顔が見られるのでしょうか

76歳という年齢を感じさせず、多くの人の心に残る演技をする白石さんを

これからも応援していきたいと思います!