高城久(うなぎマニア)のおすすめ鰻は?職業や家族、年収は?他の趣味は書道

2018年9月22日(土)25時33分~放送の『ワケあり!レッドゾーン』に

高城久さんが出演されます。趣味の鰻マニアっぷりから経歴まで、

どんな人か気になったので調べてみました.

スポンサードリンク

高城久さんのwiki風プロフィール

高城 久

引用:日本己書道場

本名:高城久(たかしろ ひさし)

生年月日:1962年2月7日(56歳)

出身:千葉県佐倉市

学歴:帝京医学技術専門学校柔道整復科卒業

高城さんの本業は整体師さんです。幼少時とても病弱だった高城さんは

健康のありがたみを誰よりも知っていた為、人が健康になる手伝いを

したいと思って治療家の道を選びました。

学校を卒業した後、自分がお世話になった治療院に弟子入りして10年間修業し、

1989年千葉県柏市に脊椎矯正療法「柏長生館高城整復院」を開きました。

肩こり、腰痛、神経痛などの治療の他、競輪、大相撲、Jリーガーなど

プロアスリートのケアも行っているそうなので腕は確かですね。

病弱だった幼少期とは打って変わって、中学校に入る頃にはロードレース大会に

学校代表で出場できるほどになり、高校時代はラグビー部に所属するスポーツマン

現在もサッカーやバレーボールといったスポーツ観戦が趣味だそうですよ。

高城さんの趣味は、鰻食べ歩きですが、なぜそんなに鰻にはまったのでしょう?

高城さんが鰻マニアになるまで

元々高城さんの生まれ育った佐倉市は鰻の名産地だそうで小さい頃から

外食といえば鰻というほど親しみ深いものでした。名産地だとおいしい鰻に

舌が慣れていますから、そんな高城さんが美味しいと感じる鰻は絶対美味しいですよね。

でも、次第に鰻屋が減っていく現状を憂い、2004年に一年発起してうなぎ屋さん

応援サイト「うなぎ大好きドットコム」を開設します。

現在では雑誌やテレビなどにもひっぱりだこのウナギマニアなのです。

高城久さんの家族は?

調べてみたところ、1987年5月に結婚されています。

奥さんの早苗さんは整復院を支えつつ、高城さんのもう一つの趣味である

己書を地元で普及させようと活動されています。

奥様との間には娘2人と息子が1人いてお孫さんもいるようです。

治療院のホームページにはご自身の理念も書いてあって人柄が伝わってきます。

高城久さんの年収は?

鰻といえば決して安くはない、いわばご馳走ですよね。

いくら好物とはいえ、食べまくるにはそれなりのお金が必要

ということは、結構年収もよいのでしょうか?

実際のところはわかりませんが、整体師の平均年収は統計上340万円で

経営者として多店舗経営したり、人を沢山雇って指導者になると

年収1000万越えも自営なのでできるようですが、高城さんの場合は、完

全予約制で初回 6,000円/2回目以降 5,000円

ホームページを見る限り、一人一人の患者さんに丁寧に真摯に向き合っていく

スタンスのようなので、年収1000万円越えではなさそうな気がします。

ただ、鰻マニア活動によってテレビに出たり、雑誌に寄稿したりするように

なってからはそちらからの収入が発生するので鰻代はそちらから出せているのかも_

高城久さんの趣味は書道?

実は高城さんには鰻が縁で始めたもう一つの趣味があります。

それは己書(おのれしょ)というもので、筆ペンで自分の思うままに

自由に表現する絵のような字のような、新感覚の書です。

引用:日本己書道場

名古屋の「うな豊」で見た杉原泰師範のうなぎ昇りの己書がきっかけで

己書を始め、ついには師範にもなり、己書まんぷく道場を主催しています。

奥様と一緒に己書の普及活動も行っているようです。

本業の仕事の他、趣味でもパワフルな成果を残している高城さん、

やはりそのパワーの源は鰻なのでしょう。

夏は終わりますが、高城さんの紹介する鰻を食べて夏の疲れを癒しましょう!