【陸自の歌姫・中部方面音楽隊】鶫真衣『いのちの音』経歴や恋人は?性格は?コンサート情報

陸自の歌姫として活動する鶫真衣さんが所属する陸上自衛隊音楽隊が

6月27日発売のアルバム『いのちの音』でメジャーデビューされます。

どんな人か気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

鶫真衣さんのプロフィール

出典:産経WEST

本名:鶫真衣(つぐみ まい)

生年月日:1989年10月5日

出身:石川県金沢市

身長/体重:161㎝/48kg

趣味:ジャズダンス

学歴:国立音楽大学演奏学科声楽専攻、洗足学園音楽大学大学院出身

所属:陸上自衛隊中部方面音楽隊(兵庫県伊丹市)

階級:3等陸曹

鶫真衣さんは陸上自衛隊初の女性声楽隊員として2014年3月に採用されました。

2014年10月に現在所属する伊丹駐屯地に配属、中部方面音楽隊として活動しています。

中学生時代にNHK『おかあさんといっしょ』の歌のおねえさんに憧れて声楽を始めました。

金沢辰巳丘高校芸術コース音楽専攻を卒業後、大学・大学院で学び、串田淑子・澤畑恵美子

中村智子・ウーヴェ・ハイルマンの各氏に師事し、声楽を本格的に学びます。

出典:https://archive.fo/PeaJe

卒業後はアイ・ドルフィンという事務所に所属し、ソプラノ歌手として活動していた時期も

あるようです。プロフィール写真がありましたが、大分印象が違いますね。

珍しい名字なので同一人物だと思うのですが。

自衛隊に入るきっかけ

大学院時代に海上自衛隊東京音楽隊所属の三宅由佳莉さんの歌を聞いて、自衛隊に

応募したそうです。

自衛隊入隊後は元々運動が全くダメだったにもかかわらず、朝霞駐屯地でみっちりと

基礎訓練を受け、毎日辞めたいと思いながら3か月を乗り越えました。

入隊後はプロ野球での国歌斉唱や、西日本各地での音楽隊の公演を重ねています。

彼女が入隊したことで中部方面音楽隊の注目は高まり、今までより幅広い客層にも

聞いてもらうことが増えたそうです。

歌っている様子をいくつか集めました。

鶫真衣さん恋人の続きが気になる場合は次のページへ