渡邉雅也(男子競輪)のwiki風プロフィール!中学高校身長体重や父親、進路など【ミライモンスター】

2018年9月2日(日) 11時15分~放送のミライモンスターに

男子ケイリンで注目の渡邉雅也くんが出演します。

高1で競輪を始めたのに1年後にはインターハイに出場という若手ホープ

お父さんもすごい人みたいです,どんな人か気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

渡邉雅也のwiki風プロフィール

引用:スポーツ報知 一番右端

名前:渡邉雅也(わたなべまさや)

出身:静岡県富士市

生年月日:非公表、現在高校3年生

学歴:富士宮市立第一中学校→星陵高等学校

身長/体重:163cm/54kg

競輪を始めるまでは、小2から始めたサッカー少年で中学時代も

サッカーに打ち込み、DFとして活躍していたそうです。

実は小さい頃から競輪選手を目指していた雅也さん

高校からケイリンを始め、めきめきと頭角を現していきます。

競輪の戦績

東海高等学校総合体育大会自転車競技(2017年)

ケイリン:4位渡邉雅也

男子団体決勝チームパーシュート:4位

チームスプリント:1位

全国高校総体(2018年) チームスプリント 準優勝

東海高等学校総合体育大会自転車競技(2018年) 優勝

渡邉雅也君の強みは瞬発力に優れていて長い距離を踏めることだそう。

他にも前の選手にピッタリつけて走りが上手いと監督が認めるなど、

天性の才能に恵まれています。

それもそのはず、実は父親は・・・

渡邉雅也の父親はどんな人?

普通の高校生に競輪ってなかなか縁がないですよね。

でも実は渡邉雅也くんのお父さんは現役の競輪選手なんです。

渡辺晴智さん(44歳)

引用:keirin.jp

日本選手権など2つのビッグタイトルを持っておられます。

現在もS級の選手として活躍していて、トレーニングを続けている姿を

みて、息子である雅也さんも刺激をうけているそうです。

月に一度は親子で練習しているそうで、父でもあり師匠でもあります。

あといとこの渡邉雄太さん(23歳)も競輪選手で父の弟子だそうです

一昨年のヤンググランプリで優勝する実力派です。

優秀な現役選手であり指導者がいて、ライバルがいて、まさに

天性の才能に加えて、環境も恵まれていますよね。

しかし、本人のたゆまない努力がきっとあるからこそ恵まれた才能や

環境も活きるってものです。

渡邉雅也の今後の進路は?

インターハイでも優勝し、タイトルを獲得した渡邉雅也くん

卒業後の進路はきっと幼い頃からの夢の競輪選手だと思うので、

日本競輪学校に入学してプロを目指すと考えられます。

ちなみに競輪ケイリンって違うんですよ。

競輪は日本の公営ギャンブル競技ケイリンスポーツとしての

自転車競技を指していて柔道に次ぐ、日本生まれの五輪種目なのです。

現在渡邉雅也君はケイリン選手であり、今後は競輪学校にいって

競輪選手になるでしょう。東京五輪の頃には20歳なので、

オリンピックにもでるかもしれません。今後の活躍に注目ですね!